FC2ブログ

メタルエンボッシングアート 紫馬工房

メタルエンボッシングアートの作品紹介、教室案内

ミケランジェロ

世界中の美術館を回ったわけではないので、一番監視が厳しいとは言い切れませんが、日本の美術館ではほとんど写真を撮れないし、模写をしている画家風の人や、子供達の姿をみたことがない。
ルーブルではモナリザも撮り放題だし、ミロのヴィーナスも柵もなく手を延ばせば触れるのに、近くには監視の人もいない。

そんな日本の美術館でも、最近は、1~2か所だけ撮影しても良い部屋をつくっていることが多い。
ミュシャ展の時にもありましたが、ほとんどの場合、写真を撮りたいと思うほどではなかった。
今回は、エピソードが面白かったので撮ってみた。

十字架を持つキリスト
ほうれい線
この彫刻は、撮影しても良いという最後の室にあった『十字架を持つキリスト』という作品。
ミケランジェロが、注文を受けて彫り始めたところ、キリストの左頬のほうれい線に、くっきりと大理石の黒い模様が当たってしまうという奇跡的なアクシデントがおこって、途中で作るのをやめてしまったという作品。

途中で放棄されたこの作品は、注文主に買い取られ、後に完成品として売りに出され、数奇な運命をたどったという解説がありましたが、何分、昔のことなので、誰が完成させたのかはわからないにしても、ミケランジェロがあらたに作り直した同じものが、本当にこんな形なのか、本人が作った完成品の写真もなければ説明もない、疑問ばかりが残りました。(説明を見落としたのかなー?)

たぶん、ミケランジェロが完成させたものを見て、放棄したこの作品を誰かが完成させたとしか思えませんが。

ダ・ヴィンチも得意の馬の彫刻を作ろうと思って、何枚も彫刻のためのデッサンを描いたらしいけれど、ついに彫刻を作ることはできなかったそうで、そんなダ・ヴィンチをミケランジェロは皮肉をこめて、いくら描いてもつくれないだろー!
と言ったかどうかは、弟子や美術家が書いているだけだから、本当のところはわかりません。

壁画も彫刻も壮大な建築デザインまでなんでもできちゃうミケランジェロは、時の権力者の要求に断り切れず、あれもこれもと引き受けてしまって、それでもいつか作ろうと義理堅いかと思えば、若い頃には政情の変化に逃げ出したり、決して豪放なイメージではなく、仕事は神でも人間味あふれる人のようなのです。

スポンサーサイト


  1. 2017/07/25(火) 00:08:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<最近の作品 | ホーム | レオナルド×ミケランジェロ展 Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimakobo2008.blog44.fc2.com/tb.php/361-56ec8a47
| ホーム |