メタルエンボッシングアート 紫馬工房

メタルエンボッシングアートの作品紹介、教室案内

生徒さんの作品

独自のテーマを追求している上村さんの作品。

今回の作品は、「3人の賢者」
凛々しい3匹のライオンは、キリストの誕生を祝福した東方の三賢者=三博士になぞらえています。
☆メルキオールMelchior(黄金。王権の象徴、青年の姿の賢者)
☆バルタザールBalthasar(乳香。神性の象徴、壮年の姿の賢者)
☆カスパールCasper(没薬。将来の受難である死の象徴、老人の姿の賢者)

賢者4
賢者2賢者3


現在進行中の作品とともに、前回の仕上げた作品、次回の図案を考え、できるところまで自分で作り始めたものを持参されるという、なんとも頼もしい優秀な生徒さんです。



スポンサーサイト
  1. 2018/04/21(土) 12:54:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユザワヤ学外研修

昨日鎌倉に行ってきました。
「今日鎌倉に行ってきました」という、さだまさしの古い歌を思い出しました。

研修というより、鎌倉めぐりといちご狩りの楽しい遠足でした。
縁切り寺どころか、ライン交換をするほどの新しいご縁もいただきました。

バスが最初に到着したのは、鎌倉ハム・富岡商会。
ハム工場を見学して、ハムの歴史を聞いて、お買い得な美味しいハムのお買い物。

鎌倉大仏の近くで、小鉢がたくさんある和食をいただいてから、大仏様の見学。
何回か訪れていましたが、大仏様の中に入ったのは、今回初めて。
入場料が20円というのは、何にもないただの狭い空間としても納得の料金。
大仏様の胎内は、内側から直接触れると暖かかったです。

大仏1大仏2

その後は、お待ちかねのイチゴ狩り。
完熟のイチゴの甘いこと! 30分食べ放題でお腹いっぱい!
いちご

そして鶴岡八幡宮では、牡丹園の見学。
特に牡丹には興味を持っていませんでしたが、その種類の多いこと!
そして、花びらの見事なこと! 水墨画の参考資料として、たくさん写真を撮ってきました。
牡丹4牡丹1牡丹2牡丹5牡丹3牡丹6牡丹7

美しい牡丹を堪能した後は、小町通りの美味しいお土産を買って、大満足の一日でした。











  1. 2018/04/17(火) 23:56:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

杜仲茶

10年ごとに開けて行く人生の扉も、残り少なくなってくると、人の優しさが身に染みてくるものです。

健康オタクではありませんが、身体に良いと言われれば、試してみたくなります。
以前TVを見て、杜仲茶というのが私の欠陥に効きそうだったので、
「いろいろなスーパーに行くたびに探してみるけれど、売っていない」
と知人に話しました。
今朝、偶然見つけたからと言って、わざわざ届けてくれました。

自分のことを気にかけてくれる人がいる、それだけでもとても嬉しかったです。
ところが長い間探していたので、何に効くのかすっかり忘れていました。
熱心に探す割にはテキトーで申し訳ない。
欠陥が一つだけならすぐわかるのだけれど・・・

  1. 2018/03/31(土) 14:12:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年のシニンギア

連日のお花見日和も、昨夜からの強風で花吹雪になりそうです。

さて、3本の芽が伸びていた今年のシニンギアに、蕾が膨らみました。
2018シニンギア
根元には、たくさんの芽がありますが、決して伸びてこないのが不思議です。
シニンギア2



昨年、まったく葉が出ず、枯れ果ててしまったと思っていた柿の木に、葉の芽がつきました。
他人にあげたり、そのまま放置していた柿ですが、最近やっと美味しいと思うようになったところでした。
一年おきに、たくさんの実をつけたり、ほんの数個だったりしますが、実をつけないにしても葉も出ないというのは、初めてだったので、復活してとても嬉しいです。

春の花は、好きなものばかり。これから楽しみな季節です。

  1. 2018/03/30(金) 07:03:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お花見

風も少なく、晴天の日曜日。
お花見でもしないと申し訳ないくらいの絶好のお花見日和。

ユザワヤ作品展のお当番の後、近くの井の頭公園に寄り道してみました。

ところがこの人混み。まっすぐに歩けません。
公園の入り口でリタイアして帰ってきました。
ユザワヤ2
ユザワヤ3

今回の作品展では、銅賞と新人賞を受賞しました。

ユザワヤ1


  1. 2018/03/25(日) 16:25:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→