メタルエンボッシングアート 紫馬工房

メタルエンボッシングアートの作品紹介、教室案内

都美術館

昨日、14日から21日まで、上野の都美術館で開催される「風子会」にメタル作品4点を出品しました。

風子会


古い知人から、今年から工芸部門を再開するのでどうですか?というお誘いをうけたので、初めて出品してみました。

洋画家の皆さんに、大変興味を持っていただき、新人賞をいただいたようです。
これから見に行きます。

昨日、追加の作品を早朝届けましたが、シャンシャン人気で、上野動物園の前には開館前にすでに長蛇の列でした。

パンダ

都美術館は古くて落ち着いていて、三菱一号館美術館とともに、大好きな美術館です。
だいぶ前に水墨画で2度出品したことがありますが、業者に搬出入をたのんだので、バックヤードをしりませんでしたが、今回初めてバックヤードを見て、その広さ、巨大な絵画作品を乗せられるエレベーターの大きさにびっくりしました。



スポンサーサイト
  1. 2018/06/15(金) 11:11:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

深夜の勘違い❣

トールペイントの搬入が終わったので、早速、朝方人間に。
残り1週間、メタル作品の仕上げにかかります。

メタルエンボッシングは、柔らかい錫のシートや薄いカラーアルミのシートを裏から押して、凸凹をつけて固めます。
金属は、電気の照明の反射でとても目が疲れます。目が大切なので、できるだけ自然光の中で作業をしたいものです。

深夜の勘違いということがあります。
深夜、集中して書いた文章や作品は、とても上手くできたつもりでも、朝見直したら恥ずかしい出来栄えだったりします。
必ず見直すことが必要です。
深夜の厚化粧の女性に惑わされるようなものですね?
自然光の中の、ナチュラルメーク、ウソをつかない人が好きです❣

  1. 2018/06/03(日) 06:03:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JDPAコンベンション

トールペイントの祭典、JDPAコンベンションが、本日6月2日から4日まで、浅草の都立産業貿易センター・台東館で開催されています。
昨日午前中に搬入に行ってきました。
6月9日に搬入の、別の展覧会のメタル作品と同時制作なので、久々に連日深夜までかかって、やっと仕上げました。

3年に一度の東京コンベンションの会場は、通常パシフィコ横浜でしたが、今回初めて浅草の会場になって楽になりました。
渋谷駅が変わって、始発終点だったみなとみらい線が不便になったので、最近ではすっかり横浜へも行かなくなりました。

浅草は、いつ行ったか記憶にないくらいだったので、ちょっとだけ浅草寺周辺を歩いてみました。

平日でも学生、外国人観光客の多いこと!

浅草1浅草2浅草4

浅草3

婚礼衣装を着た、中年の新郎新婦だけが、カメラマンと一緒に仲見世あたりのあちこちで写真を撮っていました。
外人が貸衣装の浴衣や着物を着てたくさん歩いていましたが、このサービスは不思議な光景。
花嫁さんは、外国人でした。






  1. 2018/06/02(土) 12:29:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

特技

錦織、大谷、卓球チームと、アスリート達の世界的な活躍に元気をもらっています。

優秀な選手達には、優秀な指導者やブレーンが全力でサポートしているものと思っていました。
まさか選手の邪魔をしたり、つぶしたりしていたとは!
自分の手柄にならない優秀な選手や生徒を排除したり、足を引っ張るなんて嘆かわしいことです。

スポーツは見るほうが得意ですが、人には一つくらい得意技があるもので、
私は、アボカド選びが得意です。
ほとんど失敗することがないので、切った後いつも写真を撮りたくなります。
このアボカドも綺麗で、トロリとしてとても美味しかったです。
失敗しないコツは、これは!というものが無い時には、無理に買わないことです。
冷蔵庫に入れておいて熟成することはありません。

アボカド



  1. 2018/05/25(金) 23:08:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バラの季節

三菱一号館美術館に行ってきました。
毎月第2水曜日は、アフター5女性のみ入館料1000円。
久しぶりに友人と待ち合わせて、ルドン展に。
会期は5月20日までなので、来月の第2水曜日にはやっていないので、ご注意ください。

ルドンとボナールは色彩の神。
印刷物では表わせない実物の美しさにうっとり。
油彩と同じモチーフをパステルで描いたものを並べてありましたが、
パステルの、油彩と比べてもひけを取らない色彩の美しさ、強さを改めて知りました。

因みに、美術館の売店ではパステルが売られていましたが、5本セットで3万円弱。
パステルは、高級顔料の塊のようなものですから、言わば日本画の顔料と同じ宝石を削ったようなものなんですね。

待ち合わせの時間より早めについて、美術館の中庭のバラを撮ってみました。
バラはまだこれから。
我が家のつるバラも、今、たくさんの蕾をつけています。

バラ3バラ1バラ2




  1. 2018/05/12(土) 23:46:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→